きらっせ劇空間リーグ データ分析  

 きらっせ劇空間リーグの過去の優勝チームデータを全て分析!
 これを見れば、きっと貴方のチームも「スナップD」の様な、強豪チームに変身だ!
 「こんなの読まなくても大丈夫だぜ!」なんて言っていると、いつまでたっても優勝出来ないかも(^^)
 ちょっとしたパラメータ設定で、全く別のチームに変わるから、今のチームに満足しているのならば、少しずつ変更する方が良いかも。
 でも、勝率5割も達成出来ないチームは、思い切って変更した方が良いぞ。
 さぁ!是非とも、このデータを駆使して、夢の「優勝&全タイトル制覇」を目指そう!

チ ー ム 試合 勝ち 負け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監 督 打率 本塁 打点 盗塁 勝利 防率 奪三
29 ポケモンR 100 72 28 19 .720 .247 2.18 4.9 2.7 141 0 23 れん          
28 ポケモンR 100 71 29 13 .710 .221 2.15 4.5 2.4 138 0 25 れん        
27 ジャイズ 100 73 27 9 .730 .246 1.95 4.3 2.4 115 54 28 うぃーど            
26 スナップD 100 75 25 13 .750 .254 1.85 4.2 2.4 59 120 34 づんじ        
25 都道府県ズ 100 72 28 11 .720 .241 1.93 4.0 2.1 92 0 9 日本国        
24 都道府県ズ 100 74 26 10 .740 .249 1.65 4.6 3.0 100 0 14 日本国        
23 M.W.3 100 76 24 14 .760 .249 1.79 4.2 2.4 83 42 43 さとひも          
22 FF[ 100 63 37 9 .630 .237 1.98 3.4 1.4 69 0 42 スコール          
21 FF[ 100 71 29 8 .710 .251 1.76 4.4 2.6 88 0 29 スコール            
20 都道府県ズ 100 71 29 9 .710 .240 1.76 3.7 1.9 81 0 9 日本国              
19 FF[ 100 75 25 13 .750 .244 1.71 4.5 2.8 103 2 41 スコール          
18 都道府県ズ 100 79 21 9 .790 .267 1.90 5.4 3.5 119 0 13 日本国          
17 FF[ 100 72 28 12 .720 .227 1.51 3.5 2.0 63 33 31 スコール          
16 スナップD 100 72 28 13 .720 .263 1.97 4.4 2.4 91 43 34 づんじ            
15 FF[ 100 70 30 14 .700 .244 1.89 4.0 2.1 105 25 42 スコール            
14 FF[ 100 76 24 11 .760 .254 1.79 4.6 2.8 103 20 36 スコール              
13 FF[ 100 72 28 11 .720 .268 1.85 5.2 3.4 98 49 44 スコール              
12 スナップD 100 68 32 8 .680 .261 1.64 3.4 1.8 38 72 23 づんじ          
11 スナップD 100 72 28 14 .720 .262 1.71 4.5 2.8 68 65 37 づんじ  
10 M.W.3 100 63 37 8 .630 .224 1.98 2.8 0.8 66 55 46 さとひも            
9 FF[ 100 70 30 9 .700 .251 1.91 4.1 2.2 62 0 35 スコール              
8 M.W.3 100 60 40 8 .600 .222 2.07 2.7 0.6 58 54 50 さとひも              
7 スナップD 100 62 38 6 .620 .242 2.38 3.7 1.3 84 46 33 づんじ              
6 スナップD 100 71 29 12 .710 .233 2.20 4.2 2.0 95 29 25 づんじ            
5 スナップD 100 67 33 7 .670 .267 2.75 5.1 2.4 119 15 23 づんじ              
4 M.W.3 100 66 34 10 .660 .216 1.93 2.9 1.0 63 46 50 さとひも              
3 M.W.3 100 63 37 7 .630 .229 1.70 2.8 1.1 51 39 51 さとひも          
2 M.W.3 100 71 29 15 .710 .224 1.59 3.0 1.4 71 41 55 さとひも          
1 M.W.3 100 64 36 10 .640 .257 2.93 4.3 1.4 88 46 40 さとひも              
  平均値   70 30 10.8 .700 .244 1.95 4.0 2.05 86.6 30.9 33.3                

■勝ち数
  ・都道府県ズの79勝が過去最高。最も少ない勝利数で優勝したのは、M.W.3の60勝。平均値は、70勝。
   過去(第10回まで)を見てみると、65勝くらいで優勝出来ていたが、ここ最近を見ると、最低でも72〜73勝はしたいところ。
   第13回以降では、第22回のM.W.3の63勝以外は、全て70勝以上となっている。
   勝ち数を増やす方法としては...とにかく弱いチームと試合をして「最初の1勝」を行い、後は神頼みしか無いと思われる。
   結論:「優勝したいなら最低でも70勝以上しろ!

■連勝数
  ・優勝したチームの平均値は、10.8となっている。特にここ最近7回を見てみると、12.7という高い数値になっている。
   2勝1敗ペースで全試合を終了した場合、66勝34敗となる為、この数値では優勝は厳しい。
   よって、時には「10連勝」くらいが必要となる為、この様な数値が出ていると思われる。
   一度でも、10連勝をした後は、2勝1敗ペースでも、約73勝出来る為、優勝する可能性が高くなる。
   連勝数は、自分ではどうにも出来ないため、弱いチームが出没する時間帯に試合をするというのが重要と思われる。
   結論:「優勝したいなら1度くらいは、10連勝しろ!

■打率
 ・打率の数値を見た場合、平均値=.244というのは、正直言ってあまり高くない。劇空間リーグに参加している「攻撃型チーム」の
  打率は、.250前後となっている。以前は「守備力主体チームが少なかった為、.270前後のチームもたくさん存在していた。
  上記の優勝チームを見ると、高打率での優勝は、第18回の「都道府県ズ」が最後となっている為、ここ最近の傾向としては攻撃力
  (打撃力)より、守備力重視型のチームが優勝している事が解る。優勝チームが「打率タイトル」を、殆ど取らないのは、明確にこれを
  意味している。打率を下げるには、「ミート」の数値を低くすれば、OKである。
  結論:「優勝するなら打率タイトルは捨てろ!

■防御率
 ・上記の「打率」とは逆に、優勝チームに最も必要な要素が「防御率」の数値だ。なんと、過去29回中、優勝チームが15回もタイトルを
  獲得している。特に第9回〜27回の優勝チームは全て「防御率=1点台」となっている。
  この防御率については、投手の各パラメータの他に、野手の守備力,各選手の走力等、色々な要素が含まれる。また、チーム全体の
  設定も「守備重視」型にする必要があると思われる。
  結論:「とにかく防御率!防御率さえ設定出来れば優勝に近づける!

■得点率
 ・上で「とにかく防御率!」と言っているが、実はこの「得点率」も大事。(^^;)
  いくら投手が頑張って、失点を抑えても点が取れないと試合には、勝てない。(これ、当たり前)
  平均値は、4.0となっているが、普通通りに攻撃力の設定を行っても、なかなか4点台は、難しい。それほど今の上位チームの防御率
  が凄いからだ。では、打率を捨てて防御率を重視してどうやって点を取るのか?...
  この点については、一言、「バランスの良さを考える」としか言えない。(管理人は一度も優勝していないから解らない)笑
  ただ解っている事は、「得点率を上げて、防御率を低く出来れば絶対に優勝出来る!」という事だ。
  結論:「打率が低くても得点率が良いという事はホームラン狙いか?」←全然、意味無し!

■差(得点率−防御率)
 ・過去データを見ると、優勝したチームは、殆どが「得点率=4点台,防御率=1点台」という事になっている。
  1点に満たないのは、わずか2回だけ。過去29回中、19回も「差=2点以上」のチームが優勝している。
  優勝出来ないチームを見ると、その殆どが、差が限りなくゼロに近く、マイナスになると「勝率5割」に届かなくなっている事が解る。
  得点率=4点台を狙いつつ、防御率は、1点台にする...この設定が上手くできれば、きっと優勝出来るはず。
  結論:「防御率と得点率を設定出来れば、差は勝手についてくる!」←何が言いたいのか解らない。

  

■本塁
 ・本塁打数については、優勝チームは多くは打っていない。タイトルを見てみると第11回のスナップDが一度だけ獲得しているのみ。
  平均86.6という数値は、本塁打王を取るチームが140〜150本打っている為、ごく普通という感じだ。
  この数値を見て更に解らなくなったのが...「打率=やや低め,本塁打=普通かやや低め」なのに、得点率が高いという事。
  もしかして、「四死球」という要素が重要なのかも...(?)
  ただ、ここ3回の優勝チーム(ポケモンR,ジャイズ)を見ると、共に100本以上打っている為,以前ほど、本塁打のパラメータ(パワー)
  は、低くないと思われる。平均値よりやや多め(90本〜100本)を打つ設定がベスト?
  ちなみに、50本以下で優勝したのは、第12回優勝のスナップD(38本)が一度だけ。つまり「本塁打を減らす設定」では、優勝する事
  は難しい事は確実。
  結論:「本塁打タイトルを取ってないのは、みんなで少しずつ打っているから!」←珍しくするどい?(^^)v

■盗塁
 ・優勝チームは、守備力UPの為に各選手の走力を高めに設定しているハズだが、「盗塁王」のタイトルをとったのは、過去にスナップDが
  2度あるのみ、なんと、全体の1/3にあたる9回が、「盗塁=ゼロ」という結果になっている。
  特に第18回以降は、11回中8回も「盗塁=ゼロ」のチームが優勝している。最近の流れとして「盗塁は必要無い」という事か...?
  上記でも言った通り、守備力UPに走力は欠かせないはず。しかし、盗塁数が低いという事は、「足を持っていても走らせない」という設定
  をしているチームが多いと思われる。
  結論:「優勝の2文字に比べたら、盗塁王なんてゴミみたいなもんさ!」(爆)

■失策
 ・失策の数値を見た場合、1シーズンの平均値を見ると、だいたい40〜60個のチームが多いが、優勝チームは、それ以下(30〜40個)
  となっている。この数値を考えると、「守備力を最重視するが、それほど極端な設定はしていない」という事では?
  確かに、各選手の守備のパラメータを全て7にすると、失策は10個程度になる。しかし、この優勝チームデータを見た限りでは、そこまで
  高くしていないと思われる為、せいぜい、5〜6程度だろう。
  なお、下記グラフを見ると、以前より、失策数は減少する傾向にある。 ※グラフ右側より、第1回データ
  結論:「少しくらいエラーしても、勝てるならOK!

  
■タイトル獲得

■総評
 ・全員のパラメータは、均一という形に近いはず。選手の調子が落ちた時に、打順入れ替えをきちんと行なっていると思われる為。
 ・守備力UPの為の「走力」はあっても、盗塁させる迄の足はもっていない。
 ・弱いチームは、上位チームから絶対に「狙われている」。(愛されている?笑)
 ・何と言っても、第11回優勝の「スナップD」は凄かった!「優勝&タイトル総なめ!」もうこんな強いチームは現れないのでは?
 ・各項目の最高値は、全て「第13回」以降に記録している。この事より、「それぞれ研究しパラメータ設定が上手くなった」という事。
 結論:「一度で良いから優勝したい!まだ優勝していない監督殿、共に頑張りましょう!

最後に...このページ公開し「初優勝チーム」が増える事を心から願ってます。
       どうぞ、これからも「きらっせ劇空間リーグ」をよろしくお願い致します。